« BH5レガシィクラッチOH(整備備忘録) | トップページ | 156エキマニ修理(整備備忘録) »

156エアコン修理パート3

エアコンホースからのガス漏れで修理した156なんですが、先日外出先で焦げ臭い臭いが。
エンジンフードを開けてみるとコンプレッサーから煙噴いてるじゃありませんか。
どうやら、コンプレッサーがまた壊れてしまったようです。
今回は前回交換時にとっておいたコンプレッサーを修理してもらうことにしてました。

Imgp4833

修理してもらった156ライン装着のコンプレッサー

Imgp4842

外したコンプレッサー
さぎょうしてくれたメカに確認すると、厳密にいうと焼き付きまでは至っていなかったもののコンプレサーと電磁クラッチの状態は良くなく、コンデンサーの中も真っ黒だったそうです。

Imgp4840

念のためドライブベルトも交換してもらいました。
うちのは極初期型なので7山のベルトの筈なんだけど、6山がついてました。
長さが合えばそれでもオッケーだったそうで、そういうベルトが供給されることもあるとか。
ん~イタリアン(爆)

Imgp4844

装着完了
走行距離96,000Kmでの出来事でした。

|

« BH5レガシィクラッチOH(整備備忘録) | トップページ | 156エキマニ修理(整備備忘録) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/62560/52382196

この記事へのトラックバック一覧です: 156エアコン修理パート3:

« BH5レガシィクラッチOH(整備備忘録) | トップページ | 156エキマニ修理(整備備忘録) »