« 福島ツーリング | トップページ | V100ホーン交換 »

バッテリー交換

このブログ最初のトピックが156のバッテリー交換だったのですが、再度156のバッテリーを交換しました。
Pict1823
↑は今回購入したバッテリーに補充電してるトコ。
購入はコチラからでした。
今回特価の関係で(笑)、以前装着の6Hではなく6Cを購入しました。
なにやらBOSCHのバッテリーがモデルチェンジするらしいので特価大放出中とのこと。
容量が2AH大きく、高さが1.5センチ高くなったのですが、6Hでは高さ方向に余裕があったので、問題なしと判断しました。ちなみに、箱横の適用表では156ツインスパークにはPPI-6Hが適用となっています。

Pict1824
電装品のメモリが飛ばない為、端子を外す前にブースターケーブルで電源を供給しておきます。
バッテリーの下のトレイ。
高さが高い様なら外そうと思っていましたが、外さずに装着可能でした。
密閉型なので出番は無いでしょうが、保険の意味では有った方が安心なので良かった良かった。
Pict1826

仮止めしてフィッティングを検討した結果、バッテリー付属のスペーサーをかます事にします。
Pict1827
車体側固定金具がココを押さえて固定します。
Pict1828
Pict1836

無事装着完了!!
Pict1834


一年半ぶりになりますが、やはりチョット早いですかね。
今回交換するにあたって暗電流(イグニッションOFFの状態で流れる電流)を測ってみたんですが、50mAでした。
通常国産車で20mA程度、輸入車では40mAといわれています。
うちの156はセキュリティシステムを付けていますの暗電流に関しては正常範囲でしょう。
バッテリーの寿命は一概に言えませんが、ウチのように週一回乗るかどうかという使い方ではバッテリー寿命は短いと思われます。
あとは温度の影響かな?
そうでなくてもアンダーガード装着でエンジンルーム内の空気が抜けにくいのに、ウチの場合エキマニを剥き出しにしてますから、エンジンルーム内の雰囲気温度が高いのも原因かと。
一応対策として断熱材を巻いているのですが、効果の程はどうでしょう?

|

« 福島ツーリング | トップページ | V100ホーン交換 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/62560/10413408

この記事へのトラックバック一覧です: バッテリー交換:

« 福島ツーリング | トップページ | V100ホーン交換 »