« アルファロメオツーリング | トップページ | 福島ツーリング »

V100いぢり

チョット前から気になっていたんですが、V100のメータパネル照明がアイドリングでショボイ。
回路図を見ると交流点灯っぽいのと、バルブが2W以下っていうのが原因の様な気がします。
バルブのW数を大きくすればある程度は明るくなる筈ですが、バッテリー点灯でないんで、アイドリングのショボさはそれでは改善されない予感。
Pict1810


という事で、手許にあった材料で高輝度LEDのバルブを作ってみました。
CRDを2つパラって20mAにて白色LEDをドライブしてます。
交流対策には整流用ダイオードも仕込んであります。
Pict1809
LEDは低電圧低電流で駆動できるんで、アイドリングでも明るさは一定をキープできる筈です。
装着してみると結構改善しましたが、絶対的な明るさはチョット足りないかも。
拡散加工としてLEDの頭を削ってますが、ムラも少しあります。
行けそうなことが判りましたんで、ちゃんと部品を調達してキチンと作成する予定です。
ブリッジで全波整流してLED3発かな?赤とかも試してみよう!
ってことで秋月に手配済みです。

おまけ:
サスペンションをYSSの安物に交換。
抜けた純正と比べるとダンピングも効くようになって乗りやすくなりました。


デイトナ/スクーターリヤガスショック(原付2種専用)

某オークションでデイトナガスショックを手に入れたので変更。
フリクションが少なく、良く動く割りに減衰が利いて揺れが一発で収まる。
流石にガスショックは良い。お薦め!

↓今は使ってません。
Pict1804_1

|

« アルファロメオツーリング | トップページ | 福島ツーリング »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: V100いぢり:

« アルファロメオツーリング | トップページ | 福島ツーリング »