« DR250Rセッティング | トップページ | キャブセッティングの続き(2) »

キャブセッティングの続き(1)

今日はメインジェットを変更してみました。
キャブセッティングは焼き付き防止の為、濃いほうから行うのがセオリーらしいですが、前回の状況が結構良いので、不精をしてMJを#5上げて#140にして開け始めのエンスト対策としてパイロットスクリューも変更でお茶を濁します(^^;)。

今回はMJの変更が主なので作業は簡単。
アクセルワイヤーを外し、キャブレターを止めているバンド(エンジン側、エアボックス側)を緩めれば交換が出来ます。キャブは装着状態だし、タンクもシートもサイドカバーも外しません。
一番時間が掛かったのはキャブのフロートチャンバーを外す時に不注意で落とした加速ポンププランジャの救出だったかも(笑)。
MJ変更後にパイロットスクリューを調整しますが、前回の教訓からエンジン回転が上がるトコロからさらに半回転戻しでちょっと濃くセットしました。
結果として1・3/4戻しに(ちなみに前回は1戻しでした)。
温まった状態のアイドリングでチョークを引くとエンストしますし、アクセル開け始めのエンストもしないので、アイドリングから微開領域は結構良い模様。
あとは折を見てプラグの焼け具合を確認します。

|

« DR250Rセッティング | トップページ | キャブセッティングの続き(2) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/62560/7399130

この記事へのトラックバック一覧です: キャブセッティングの続き(1):

« DR250Rセッティング | トップページ | キャブセッティングの続き(2) »