« 入力デバイス | トップページ | ハンドルスイッチ »

油温計

またまたDR250Rの話題(^^;;;
DAYTONA01
DAYTONAの油温計です。この写真は取り外しできるように配線を加工しているとこ。
長時間駐車する場合、盗難対策としてやっぱり外しておきたいですよね。
デイトナ/NEWデジタルテンプメーターデイトナ/NEWデジタルテンプメーター
油温計本体から3本の配線が出ているので、てっきり配線は3本と思っていたんですが、センサーのラインはシールドの2芯タイプ。
事前に用意していた3端子の110型コネクタではNGで、急遽6端子の110コネクタを調達しました。
4端子にしようかと思いましたが、シールドのアースが生きていると(意味があると)嫌だったんで6端子タイプ(うち5端子を使用)。
ノイズ対策のためあえてシールド線を使っているのかもしれませんね。
DAYTONA02
端子の加工は電工ペンチ+半田付けで行いました。
今回センサー用の配線が細いのでコネクタへの接続は半田付け必須です。
もっとも単車の場合、振動や水の影響を考えると電工ペンチでの圧着と半田付けがベターでしょう。
DAYTONA03
完成した110タイプの6端子コネクタ。
DAYTONA04
オスメス両方作成し、熱収縮チューブで処理して完成でとなります。

DAYTONA05
DR250Rの場合、油圧プレッシャー測定用のプラグに温度センサーを装着です。
DAYTONA06
センサー取り付けにあたって油漏れ防止のためにシールテープを巻きます。
配線はコルゲートチューブで保護した後にフレームに沿って純正のメインハーネスと同じラインを経由してハンドル部分へ持ってきました。
基本的に追加配線をする場合は不要なトラブルを避ける為、出来るだけ純正の取り回しに準拠するようにしています。
DAYTONA07
ハンドルクランプ部にステーを介して装着。結構見やすい位置に装着することができました。

|

« 入力デバイス | トップページ | ハンドルスイッチ »

コメント

はじめまして こんにちは
今月末にDR250Rが納車されるのですが、NS-1につけていた水温計があるため、私も油温計を装着したいと考えております。
そこで、取り付け位置を詳しく確認したいのですが、プレッシャー測定プラグとはオイルゲージの窓の前方の筒の下のヘキサボルトでしょうか?

もしよろしければセンサーが付いた写真があると大変わかりやすいのですがまた、1/8変換プラグのサイズはドレンと同じM12×1.5でしょうか?
後、参考までに普段の油温と何℃までなら大丈夫と考えられているか教えていただけますか?

投稿: shun | 2012/04/10 13:32

shunさん、コメント有難う御座います。
DRご購入おめでとう御座います。
お尋ねのセンサーフィッティングですが、昔の購入記録を見ると「M14×P1.25」を買っているようですが、いかんせん昔のことなので少し自信がないです。
念のため実車で確認された方がいいかもしれません。

油温は普通に120度以上になりますが、まぁ130度超えをずっとしていなければOKという事にしています。
シェルパも同じ様な感じですね。
写真は最新のブログ記事にアップしましたので、ご参照下さい。

投稿: 青忍 | 2012/04/10 18:11

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/62560/5861507

この記事へのトラックバック一覧です: 油温計:

« 入力デバイス | トップページ | ハンドルスイッチ »